ダウントンアビー6のあらすじ

ある早朝の事、クローリー家の人々は朝のウォーキングを送っていました。

メアリーとヘンリーの結婚式から歳月が流れ、イーディスはまだ一人身のままです。

子供のマリーゴールドをロンドンのスクールへ入学させて、卒業するまで自分もロンドンに暮らすつもりだと告げます。

ヘンリーは、それは良い考え方だと承認しますが、ロバートとコーラはそれほど気が進まない感じでした。

ヘンリーはいつの間にかカー対戦をストップし、安定した生活を過ごし、時にイーディスをロンドンまで自分の車で送り届けるだけが楽しみになっていたのです。

しかし、ヘンリーは一生をのんべんだらりと過ごすことに不安を抱いていました。

使用人部屋では下僕のトーマスが、(あのそっけないトーマスから変貌し)仲間たちに自分をサポートしてくれたことをありがたく感じていました。

アンナの妊娠の一連の流れもスムーズです。

しかし、カーソンにはある変容が起こっていました。

彼の上腕はいつの間にか震えが止まらなくなっていて、それがおじいちゃんと父からの遺伝で、もはや執事としての役回りが果たせなくなるのではと妻のヒューズに明かします。

そうこうする間、トーマスはやっと新しい業務を探し出して、他の人たちも各自の新しいい生活をスタートしようとしていました。

イーディスのマガジンのエッセイを依頼されることに。
ダウントンアビー6 あらすじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です