妊娠中は太り過ぎに注意をしよう

妊娠をすると、必ず太ることが予想されます。それは、赤ちゃんができることにより、食欲が増大するからです。自分でもびっくりするくらい、食べることがあります。しかし、そのことに甘えて大変なしまうと大変なことになるのです。

まず太りすぎると、必ず医師から痩せるようにと指導を受けます。それは、太りすぎてしまうことにより様々なリスクを伴う事になるからです。しかし、そのようなリスクをそんなに意識することは少ないのです。

その一つのリスクに、血圧が高くなることがあります。血圧が高くなると妊娠中毒症という恐ろしい病気になってしまうことがあるのです。その時、自分の事のみならず赤ちゃんにも影響することがあります。妊娠を継続することが困難となった時には、満期まで妊娠を継続することができなくなり、帝王切開をすることもあります。それは、とてもつらいことですね。赤ちゃんが十分に大きくなっておらず、帝王切開をすることになるので、とても辛いです。その後は、しばらく退院をすることができないこともあります。

そして何よりも、赤ちゃんの入院が長引くことが多いです。正常な体重になったと判断されるまで入院をすることになります。その結果、赤ちゃんと一緒に退院をすることができないこともあるんです。そんな事にならないように、妊娠中には体重管理をしっかりと行いたいですね。

太ってしまうことが当然と思うことなく、いろいろなリスクを想像してセーブしましょう。

葉酸サプリにはビタミンCやB6なども含まれていて、葉酸の吸収率がUP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です