肌にかかる負担を減らすクレンジング方法

メイクをする時に涙や汗で滲みにくい、ウォータープルーフタイプの化粧品を使う人は多いのではないでしょうか。リキッドファンデーションであれば汗をかいても落ちる心配はありませんし、マスカラであればパンダ目になる心配も無いのでとても便利です。しかし、いざメイクを落とすとなるとウォータープルーフタイプはなかなか手強い存在になります。

クレンジングには様々な種類がありますが、その中でも特に洗浄力の高い物がオイルタイプです。手軽にしっかりメイクを落とせるので便利ですが、その分摩擦等で肌にかかる負担も大きくなります。私は以前はクレンジングオイルでマスカラやファンデーション等、全てのパーツのメイクを落としていました。しかし毎日使っていると、潤いが取り除かれ過ぎて肌がカサつき易くなったり、摩擦によって肌が赤くなる事が多かったので、肌にかかる負担を減らそうとクレンジングのやり方を変えてみました。

そのやり方とはクレンジングオイルはマスカラ専用にして、その他のパーツはローズヒップオイルで落とすという、クレンジングの種類を分ける事でした。ローズヒップオイルはシミのケア等に使う事が多いですが、クレンジングとしても使えます。そして天然素材なので肌が荒れる心配もありません。

私はこのやり方でクレンジングを行うようになってから、以前感じていたような肌の乾燥や赤みと縁を切れました。クレンジング後の肌がもっちりとしていて潤いも保てているので、メイクのノリも良くなり毎朝のメイクタイムがとても楽しみになりました。

クレンジングの種類ややり方によって将来の肌の状態は大きく変わると思っているので、ずっと綺麗な肌でいる為にこれからもこのクレンジング方法を続けて行こうと思っています。

ダブル洗顔不要なクレンジングでおすすめはこれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です