38歳の妊婦生活は2回の入院が大変

私は結婚したのが37歳と遅く、出産も39歳まで後1カ月の38歳でした。

結婚後半年しても、子供が出来ない場合は病院に行こうと決めていました。その半年がちょうど過ぎたころ生理がおかしかったので、もしや子供が出来ないような病気になったのではないかと心配し産婦人科を受診したところなんと妊娠していました。

しかし、ここからが大変でした。主治医の先生からは「年齢が年齢だけに切迫流産の可能性があるのですぐに入院して下さい」と言われて2週間入院しました。正直赤ちゃんが出来たのは嬉しかったですが、入院生活がしんどかったです。自分の体調は悪阻もほとんどなくほぼ健康体だったのにただ病院でじっとしているだけの生活が苦痛でなりませんでした。

そしてやっと退院しほぼ問題ない妊婦生活でしたが、またもや9カ月で今度は「切迫早産の可能性があります、すぐに入院して下さい」と言われて今度は1カ月の入院生活が始まりました。

今度は体は元気でしたが、1カ月間寝ている時も点滴の管で繋がってそれがしんどくてたまりませんでした。でもこのしんどさに耐えないと元気な赤ちゃんが生まれないと1カ月間病院の献立表のみが楽しみな何もしない入院生活を送りました。

退院できた時は、開放感で一杯でした。それから間もなくして元気な赤ちゃんを出産しました。

同級生で同じくらいに結婚した友人も割とすぐに妊娠する子が私を含めて3人いましたので、40歳までなら妊娠に関して年齢はあまり関係ないように思いますが、主治医の先生が慎重な先生なら特に35歳を過ぎていると大事をとって入院を勧められることがあるように思いました。

安心安全な葉酸サプリメントを選ぶポイントをお教えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です