転職活動で困ること

転職活動をしよう。そう決意したときは、どういうときでしょうか?

就職活動であれば、大学生で回りも就職活動を始めてきたなというのや、電車内での広告を見たりし、自分も就職活動をしなきゃ。と決意し、行動を始められるでしょう。

しかし、転職活動は違います。そもそも、転職活動をしていることを、勤務先の人に伝えて行うような人はまずいません。

今まで何人かの人が会社を辞めていきましたが、誰も「私、転職活動中なんだ。」とは言われたことも聞いたこともありません。
とはいえ、誰にも相談せずに効率的な転職を進めていくのも難しものです。

そこで、転職をしようというときは、転職エージェントに頼ることになります。

その転職エージェントしか頼るものがないという人もいるでしょう。そんなときに、その転職エージェントがいい加減な対応をする人だったときが一番困ります。
私は転職をしたことがあるので、どのエージェントさんが自分の担当になるかで、だいぶ転職にかかる時間が変わると思います。

なぜなら、転職エージェントと面談をして、こういう仕事をしたい、こういう条件のところで働きたい。そう明確に伝えているのにも関わらず、全然希望にあっていない求人票を送ってこられることがあったりするからです。
これには、正直あきれます。

そして、無駄な求人票が多くなるので、一個一個をじっくりと読むと時間がかかり、しかも内容は全然希望と違う。そういう困った問題が起こります。

そういう問題が起きたときにどうしてきたか。

唯一これが正解というものはありませんが、一つ自分でできることとすれば、別の会社の転職エージェントを利用することです。

同じ勤務先で、「違う担当者に変えてください。」とは普通いいづらいですよね。なので、別の転生エージェントに登録して転職活動を気持ちを入れ替えて再開することをおすすめします。

これには、もう一つメリットがあります。転職会社毎に保有している案件や、営業先などが異なるので、これまでのエージェントからは得ることのできなかった求人票を発見することができるようになります。
また、良い担当者に当たる可能性もあるので、担当者で困ったら、違う会社に登録することだけ忘れないでもらいたいです。
そうすることで、あなたの希望に沿った求人を発見することができ、よりよい転職を実現することができると思います。

医師 転職サイト 東京 神奈川 埼玉 千葉 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です