ニキビケアケア化粧品の役割とは

ニキビケア化粧品を選ぶポイントとしては、まず肌質に合うものを選びましょう。
どんなにニキビケアに有効な成分が配合されていても、肌質に合っていない化粧品を選んでしまうと肌への刺激となります。

基本的に肌質は水分と油分のバランスがとれた普通肌、水分の足りない乾燥肌、油分が多い脂質肌、刺激を受けやすい敏感肌に分けられます。
脂質肌の中には乾燥によって皮脂が過剰分泌している場合もありますので、自分がどのような肌質が把握するのも重要です。

ニキビは毛穴に細菌が入り込んでいたり、炎症が起きている状態です。
赤く腫れて痛みを感じる場合、炎症を抑える抗炎症成分が配合されているものを選びましょう。
抗炎症成分にも様々な種類があるので、一つだけでなく色々な種類を試してみるのもおすすめです。

また、ニキビができている肌は、肌のバリア機能が低下している可能性があります。
保湿力と水分保持力に優れ、肌のバリア機能を高めてくれるセラミドが配合されている化粧品も効果が期待できます。

ニキビケアでよく目にするのが、ケア効果のある薬用化粧品です。
薬用洗顔料などは、通常の洗顔料と同様に肌や毛穴の汚れを取り除くのに加え、殺菌作用も含まれています。
毛穴の中の汚れをスッキリ取り除いてくれるので、ニキビ予防にもつながります。
抗炎症作用が化粧品ならば、ニキビの悪化を防いだり早く症状を回復させるのにも役立ちます。
ニキビケアの最中は、ケアのしすぎや肌の触りすぎで刺激を与えることも多いので、ケアする時以外は、なるべく肌に触れないようにしてください。

薬用化粧品の中には効果が高いかわりに刺激が強い製品や、敏感肌でも使えるように無添加で低刺激の製品など多くの種類が販売されています。
肌質に適した製品を選ぶのが基本ですが、もしも肌に合わない化粧品があったら成分をチェックしてみましょう。
抗炎症作用のある成分は種類が多く、次に選ぶ化粧品は違う成分が配合されているものにしましょう。

プラクネを試したい!口コミから見るニキビケアクリームの効果とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です