ココアのポリフェノールについて知っておこう

なんとなく昔から知っていたのですが、ココアってポリフェノールという成分が入っていて体にいいんですよね?

度々、健康番組でも話題になるのでご存知の方も多いかと思います。

じゃあ、具体的にどんな効果があるのかというと・・・

よくわかっていません(汗)

ココアのポリフェノールには、次のような効果があるとされています。

・抗酸化作用
・抗癌作用
・抗アレルギー作用
・糖尿病予防
・脂肪吸収の抑制

まずは抗酸化作用について。

ココアにはデルフィニジンとエピカテキンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、この2つのポリフェノールには抗酸化作用があります。

また、抗癌作用や抗アレルギー作用もあり、健康的に若々しい体をつくるのに効果的だと言われています。

抗酸化作用によって私たちは老化を抑えることができ、肌のトラブルや予防や改善に役立っています。

また、糖尿病を予防したり、脂肪を吸収するのを抑制する働きもあります。

また、ココアに含まれるポリフェノールは熱に強いという特徴があり、温めても破壊されることがないのも特徴です。

その他にも、ココアを飲むことで便秘の解消や貧血の予防にも役立ちます。

このように、ココアには豊富な栄養素が含まれているので覚えておきましょう。

ベジセーフ 楽天

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です