旬を迎えるさくらんぼの豆知識

さくらんぼの名産地は佐藤錦で有名な山形県、「桜桃」の作者太宰治の故郷である青森県、内陸のフルーツ王国と言われる山梨県です。

さくらんぼは、同一種では受粉できない「自家不和合成」という性質があるため、異なる品種と交配する必要があります。

・「おうとう」、「さくらんぼ」、「チェリー」の違い、使い分け

一般的には木は「おうとう」、実は「さくらんぼ」、加工されると「チェリー」と呼んでいますが、学術的には木も木になっている実も「おうとう」と呼び、木から収穫され商品化されると「さくらんぼ」と呼び、輸入・加工されると「チェリー」と呼びます。
「さくらんぼ」と呼ばれるのは桜の木から成る実を子供に見立てて「桜の坊」が短くなり「さくらんぼ」になったとされています。
ちなみに辞書では「桜ん坊」と当てられています。

・なぜあれほど高いのか?

収穫時期が決まっており、ごく限られた期間しか収穫できないため希少です。遅霜にあわないように温度管理をしたり、成熟期に雨に当たり実が割れないよう、雨よけテントを作ったりと、栽培にも手間がかかります。収穫期には1本の木に極短期間に5千~1万の実がなり、また、桜桃の木はかなり高さもあり、はしごや昇降機を使って丁寧に1つ1つ収穫するために必要な人員や手間が高価格になる要因となっています。

まさにこれから旬を迎える「さくらんぼ」。さくらんぼ狩りなど直に採って食べるのが1番おいしいです。週末果樹園に行ってみてはいかがでしょうか?

車検 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です